Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Androidは、Windowsと同じような意味でブランドと考えていいのか?

カテゴリ:システム考
タグ: Android 
更新日:2010-12-31
もう、時代はハードやOSのスペックじゃない。

> アンドロイド共和国の課題 - アップルを超えた価値を生み出せるか - - 大西 宏のマーケティング・エッセンス

シャープのGALAPAGOSは、Android OSを使っているらしいれど、Android Marketにつながらないとか、アプリがインストールできないとか、Androidらしくないことに不満をあげている意見を目にすることがある。だけど、Android OSを使ってAndroid端末らしいことに意味があるのだろうか?

Androidは、Windowsと同じような意味でブランドとは言えないんじゃなかろうか。確かに、ひとつのOSを使って複数のメーカーが端末を作る、という意味では同じと言える。だけど、状況が違う。

まず、価格帯の違い。スマートフォンは、Windows PCに比べて安い。利益も薄いだろう。コストを考えれば、OS代は減らしたい。この点でWindows Mobileは厳しい。マイクロソフトは、Mobile OSにも「Windows」を冠して、パソコンと同じように売りたいようだけれど、機能とか使い勝手とか性能以前の問題で難しいんじゃなかろうか。

余談だけれど、マイクロソフトは、自前でモバイル端末を作ることになるだろうと思っている。OSしか作ってなくてハードに疎い、と言われていたのは過去の話。今はXboxの経験もあるから、その気になれば、面白いことになるんじゃないかな。

さて。コスト面でフリーのAndroidを使うのはいいとして、Windowsブランド戦略のようなマイクロソフトと同じようなことをGoogleに期待できるだろうか?ここでいうWindowsブランドというのは、「Windows PCを買えば、どのメーカーでもほとんど同じ」という統一性のことだ。

Googleは、そもそもブランド構築自体が苦手そうだけれど、それ以前に、お金を払ってないのに、それを期待していいのか?マイクロソフトは、OSを売る事に対する義務を引き受けていた。それは、同梱するソフト(例えばIE)を強制するとかで評判を落としたりすることもあったけれど、「Windows」というブランドを守るためだったと言える。「アンドロイド共和国」と言ったって、税金も払ってないのじゃ、「国」としての統一性に期待するのは難しい。

そもそも、なぜ統一性が必要だったのか?それは、PCがどういうものか殆どの人は理解していなかったからじゃないだろうか。なんだかわからないものがたくさんあっても、なんだかわからないだけだ。会社でWindowsだから、家でもWindowsにする。友達がPhotoshopを使っているから自分もPhotoshop。多くの人がそういう行動をとったのも、マイクロソフトが独禁法を気にしながらもWindowsにあらゆるものを取り込んで肥大化していったのも、それが何が出来るのか、どう使えばいいのか、多くの人は、よくわかっていなかったからじゃないだろうか。(この点でMacは厳しかった)

時代が変わった。PCというものがどういうものか、だいたい広まった。それを反映するように、ケータイやWebサイトなどの操作性は、Windowsほど統一されていない。それでもほとんど困らない。それは使用者が、コンピュータのインターフェースがどういうふうになっているのかを、だいたい予想できるようになったからだ。(開発者が、それを期待できるようになった、とも言える)

Android OSを使っているならAndroidらしい端末でないといけない。そういう統一性は、もはや必要ない。その上で何をやるのかが求められている。ちなみに、誰に求められているかというと・・・

ケータイのガラパゴス化は、技術や文化面の問題じゃなくて、経営面の問題だったという指摘がある。

> 日本のケータイが「ガラパゴス化」した本当の理由 - Life is beautiful

シャープ GALAPAGOSのメディアタブレットの仕様には、Androidの文字がない。

> 仕様一覧 | メディアタブレット:シャープ
> シャープが「クラウドメディア事業」と専用タブレット「GALAPAGOS」を発表、OSはAndroid - ITpro

OSとしてAndroidを使っているらしいけど、それを表だって言わないのは、アンドロイド端末ではないことを表明しているということではないだろうか。GALAPAGOS事業に注目しているのは、ネーミングを含めて、こういうところに「覚悟」が見えるからだ。



焼酎を入れておくだけで、味がまろやかになるという不思議なボトル。水道水も、美味しくなります。




スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。