Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事で開発した「在宅療養アクションプラン日誌Webシステム」の話

更新日:2010-12-04
仕事の話って、詳細は言えないことが多いんだけれど、先日、「善光寺バレー研究成果報告会2010 -善バレミニ学会-」ってのがあって、共同開発者が発表したんで、いいかな、と。

> 在宅療養アクションプラン日誌Webシステム - gravel computing

同じことを書いてもしょうがないんで、詳しくはリンク先を見てもらうとして、簡単に言うと、COPDという慢性呼吸器疾患の患者向けに療養日誌をWeb化して、医師と患者の情報共有をリアルタイム化しました。あと、タッチパネルPCを使って簡易入力システムもつくりました、というプロジェクト。

Webシステムの機能としては、大きく二つあって、ひとつは体調データの入力とトレンドグラフの表示。

患者が日々の状況を入力すると、左の画面のようにトレンドグラフが見れる。入力する項目としては、血圧とかSPO2とか、リハビリでどんなことをやったとか、どんな薬を飲んだとか、そんな内容。

従来は、紙に記入して、通院時に医師に見てもらうというものだったんだけれど、これだと通院時にしかチェックできないとか、グラフで見れないとか、いろいろ課題があった。で、Web化で解決。実際、Webには適したシステムなんじゃないかなと思う。


Webシステムの、もうひとつの機能は、生活記録というメッセージ交換システム。

Twiterみたいなショートメッセージを登録できる。メッセージは、電子メールで転送もできるし、それを見た医師がコメントして指示を出すこともできる。

これ、最初は訪問看護師の方から出た、褥瘡(じょくそう。「とこずれ」のことね)の写真が登録できないか、という話だった。写真は、ケータイで撮るらしいので、実装したのは、メールで受信してWebで見られるようにして、合わせて他のアドレスに転送する、というものだった。ついでに、患者もメッセージを登録できるようにもしておいた。

そのころは「生活記録」という名称じゃなくて、どちらかというと医師、看護師間での情報共有のための仕組みとしてつくった。だけど、患者が日々の状況を入力して、医師がコメントを付ける、という使い方のほうが優勢になって、結局、患者の日記のようなものになった。

報告会の質疑応答でもあったけど、「医師がコメントを付ける」ということが医師の負担にならないように、「生活記録」という名称に変えて、患者には先生に見てもらえる日記のようなもので、先生も忙しいからコメントはあまり期待しないようにと説明するようにした。わりとうまくいっているらしい。

このころ、「あぁ、こういう仕組みがあると、いろいろ便利かも」と思って、一般化して作ったのがショートメッセージSNS「ぼたん」。だから、SNSとしての機能は主要な使い方の一つというだけで、まだ全貌は見えていない・・・んだけど、開発は滞ってる。なんとかしたいなぁ。

> ショートメッセージSNS「ぼたん」


プロジェクトの目玉としては、もうひとつ。タッチパネルPCによる簡易入力システムというのがある。Windowsのタッチパネル・ノートPCとモバイルWiFiルーターを使って、パソコンに慣れていない患者さんに使ってもらうというコンセプト。

正直に言うと、あまりうまくいっていない。WindowsPCの設置や設定、通信環境の問題でトラブルが続出して、現在仕切りなおし中。

パソコンに慣れていない人には、どんなに準備をしてもWindowsPCは困難が多い。特に、なんだかよくわからない状態になったときに、どうしようもなくなってしまう。ここで、へたに「詳しい人」に見てもらっても、その人はシステムのことが分かっているわけじゃないから、かえっておかしくなることもある。

モバイルWiFiルーターも、ポケットWiFi(イーモバイル、ソフトバンク)を使ってるんだけれど、ボタンは分かりにくいし、押しにくいし、表示で状態が分かりにくいしで、やっぱり「パソコンに慣れていない人」に使ってもらうには困難が多い。

だれもが思うことだけれど、今ならiPadでやった。始めるのが一年早かったな。すでに、Webシステムの方は、iPadに対応済なんだけれど、簡易入力用のアプリを別に作ったり、そのためのAPIを調整したりと余計な開発もいらないから、開発面では結構楽なのが嬉しい。今更ケータイ(ガラケー)対応はしんどいけど、スマートフォンなら問題なく使えるようにできるだろう。

iPadに対する医療関連の動きが目立つけど、もともとこういう要望やアイデアがあった業界なんだろうな、と思う。このシステムも、まだまだ発展途上で、いろいろアイデアも出てる。さらなる改良話は、またいずれ・・・できたらいいな。

> 在宅療養アクションプラン日誌Webシステム - gravel computing

こんなシステムに興味がありましたら、連絡をお待ちしております。


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。