Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休暇分散化。まぁ、やってみればいいんじゃない?

カテゴリ:システム考
更新日:2010-08-17
> 休暇分散 メリットない68% NHKニュース

地域ごとに時期をずらして5日間の連休を設定する「休暇の分散化案」の導入を検討していますが、これについて観光庁などが調査したところ、68%の人が「メリットは特にない」と感じていることがわかりました。

・・・<略>・・・

また、デメリットについては、「休日の異なる地域に住む家族や友人に会えなくなる」が27%、「休日の異なる取引先との連絡が難しくなり、企業の活動などに支障が生じる」が24%などとなっています。この結果について、観光庁は「厳しい意見が多かったと受け止めているが、国の試算では、旅行者が増えて1兆円の需要創出が期待できることなどの説明を続け、早ければ再来年の導入を目指したい」と話しています。


最初、この案を聞いたときには、「また、アホなことを考えたなぁ。」と思ったものだ。

確かに、日本は地域ごとの気候差が大きい。連休と休暇に適した気候は合っていない。でも、適切な時期に連休になっても、同じ地域の人達も休みなら、混雑は緩和されないんじゃないの?とか。なら、別の地域に遊びにいく?でも、その地域の気候は、今度はズレるよねぇ?とか。高速料金の上限導入の話もあったから、ようは遠くに遊びに行けってこと?地元の金は落とさんでいいの?とか。基本的なアイデアはわかるけど、実装がいまいちだなぁ、と思ったのだ。

だけど、再び、この話を見ると、「まぁ、やってみてもいいんじゃね?」という気がしてきた。

反対理由をみてると、今までの休み方の習慣から、このルール改正をされると休みにくくなる、という発想を感じたからだ。まぁ、そうだろうね、と思う。だけど、異なる地域との連携だって、必要なら何とかするだろう。有給が無くなるわけでもない。ルールが変われば、行動は変わる。そのうち、考え方も変わる。「1兆円の需要創出」の根拠はわからないけれど、集中することによるデメリットは確かにある。混雑による機会損失はあるだろう。分散できれば、混雑時に合わせた過剰な設備はいらなくなる。

ただし、習慣が変わるまで継続する必要はある。ルールが変わったことを人が意識し、行動を変え、考え方が変わり、習慣が変わるまで、そうだな、5年から10年くらいは必要だろうか。多少の調整は必要だろうけど、基本的な方針は継続するという覚悟があるのならば、やってみるのも面白いと思う。


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。