Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は自立しているか? - 7つの習慣

カテゴリ:システム考
タグ: 7つの習慣  人生 
更新日:2010-05-02
私は自立しているか?

この10年、何かあるごとに、うまく行かない時はもちろん、うまく行った時も、そして、なにもない時でも、自分自身に問いかけてきた言葉だ。座右の銘、というとちょっと照れくさいけど。

「自立」というのは、もちろん、コヴィー博士の「7つの習慣」のことである。

読んだのは、だからもう10年くらい前になる。すでにベストセラーのブームが過ぎ、読んで感動したことを話すと「なに、いまごろ?」みたいな反応があった頃。これを読む前から、人生についていろいろ考え、悩んできた。自分なりの見解が、あいまいながらも確立してきたころだった。「7つの習慣」を読んだ時、その自分なりの見解が、簡素にうまくまとめられていることに感動した。

第一の習慣 主体性を発揮する
第二の習慣 目的を持って始める
第三の習慣 重要事項を優先する

自分の限界を知り、何をやりたいかを知り、それに集中する。仕事でもなんでも、この三つができているうちは問題がない。なにかがうまく行かないと思うとき、この三つのうちの何かがずれていた。

そのうち、思うようになった。第四の習慣以降ってなんだろう、と。公的成功ってなんだろう、と。

第四の習慣 Win-Winを考える
第五の習慣 理解してから理解される
第六の習慣 相乗効果を発揮する
第七の習慣 刃を研ぐ

「Win-Win」と言う人がいる。私は、それを口にする人を、あまり信用しない。その人にとって、何かがうまく行っていないときに言うことが多いようだ。そして、自分に非があるとは思っていないことが多い。でも、それって「Win-Win」と言えるだろうか?たんに自分にとって都合よく動いてくれない他人を非難しているだけじゃないか?

第四の習慣以降は、「自立」した人にとって、それほど難しいことじゃないように思う。「自立」した人は、自分のやるべき事を自覚し、自分の限界を自覚している。一人ではできないことなんて山ほどあって、だから他人の力を借りるわけだけれど、理解しなければ協力なんてできないし、協力して相手の力を活かしていけば「Win-Win」なんてあたりまえのことになる。あえて「言う」必要なんてないのだ。

本来、「Win-Win」というのは、「自立」した人同士の関係を表すのだろう。だけど、本を見ても、「親」とか「上司」という視点での話が多いように思う。上位者が気を付けたいこと、という観点になっている。それも無理からぬ事なのかもしれない。現実には「自立」した人なんて、ほとんどいないからだ。自分自身でさえ、10年実践してきても、まだあやうい。

だから、まだこの本を読んだことのない人には、三部以降は読んではいけないと言っておきたい。第四の習慣以降は、「依存した人」にとっては「毒」でしかないのだと思う。成功したければ、地道に自分を鍛えていくしかない。


7つの習慣 成功には原則があった!
スティーヴン・R.コヴィー/ジェームス・スキナー
キング・ベアー出版
2,039 円(税込)



スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。