Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイコンとWebが連動したシステムを開発します - グラベル・コンピューティングのサイト公開

更新日:2010-04-22
> グラベル・コンピューティング

う~ん・・・以前の会社に務めた時の最初の仕事に関係しているから、もう15年にはなるか。共同開発者のbinarithさんは、その前から似たようなことに関わっていて、それにコメントしたこともあるから、20年近くになるかもしれない。

ようやっと、ここまで来た。遅くなければいいけれど。

最初は、データロガーとか、モニタリングシステムとか呼んでいた、工作機械の稼働状況を測定するシステムだった。こういうリアルタイム処理って、PCはあまり得意ではなくて、当時はシーケンサー(PLC)を使って稼働状況を測定して、それをPCに蓄積して、LANを使って遠隔地で表示するシステムだった。PLCがマイコンになり、PCでのデータの蓄積にはDBを使うようになり、ネットワークはWeb化したけれど、基本的な構成は、あまり変わっていない。

PCのプログラマから見ると、現実世界(リアル)というのは、かなり遠い。PCにおけるインタフェースの基本は、キーボードとマウスしかなく、例えば、温度を取りたい、というだけでも、かなり苦労することになる。学校の先生が、マウスを改造して、何かを測定する実験装置を作っていたっけ。USBになってユーザーとしては、かなり楽になったけれど、プログラマとしては仮想化された分だけ、さらに手を出しにくくなった。

逆に、ハードウェアをやっているエンジニアから見ると、取るのは簡単だという。だけど、取ったデータを有効に活用するのが難しい。データをPCに送るだけで、かなり苦労することになるからだ。シリアルで出力してもPCには接続するところがなくなった。メモリカードに書き出すのも大容量になって難しくなる一方、LAN接続はもともと大変。

この間って、もっと簡単につながるよね?

そう考えて、モニタリングシステムを洗練化させ、今、グラベル・コンピューティングとなった。

PCやWebのプログラマには物理世界をより近く!
デジタル回路のエンジニアには、PCをより近く!

そんな、仕組みを目指している。

ということろで、今日は、サイトを公開したというお知らせでした。
細かい話は、おいおい話していきます。

> グラベル・コンピューティング

blogram投票ボタン ← ランキング参加中です。よろしければ、クリックをお願いします。


+GAINER
Physical computing with G
GainerBook Labo /kurukuru
オーム社
3,990 円(税込)



スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。