Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ページ幅960pxの真の秘密。iPhone6 Plusが出た、今この時において、最も重要なページ幅なのだよ。(ほんとは、950pxだけど)

カテゴリ:システム考
更新日:2014-09-20
Webサイトの標準的な横幅として960pxというのがあった。らしい。知らんかったけど。
いや、まだ主流みたいだから、過去形も変か。

でもそれは、モニタが1024x768が主流だった時の話で、もうちょっと古いんじゃね?そろそろ広げてもいいんじゃね?という話なんだが・・・

> WEBサイトの最適な横幅って何px?(2013年) - へっぽこデザイナーよ、さらば。
> 【調査の皮膚感】解像度1024 x 768 はもはやマイナーに属するかもしれない:中小企業のIT営業戦略術:ITmedia オルタナティブ・ブログ
> 960pxの呪縛を解き放てば、諸々自由になれるのか*prasm

いやいや。ちょっと待とう。ページ幅960pxというのは、iPhone6 Plusが出た、今この時において、最も重要なページ幅なのだから。

960pxとは、何か?

それは、フルHDモニタ(1920x1080)でウィンドウを2つ並べた時の横幅なのだ(1920 ÷ 2 = 960)。実際は、ブラウザの枠があるんで、950pxのほうがいいんだけど。

WindowsにはAeroSnap機能があるので、ウィンドウを2つ並べるのが簡単にできる。
左で探したサイトを表示して確認しながら、右でブログを書く(左右は逆でもいい)。
Excelを2つ並べたり、資料見ながらメール書いたり、プレビューしながらコード書いたり。
今もそうしているけど、便利だから使っている人はたくさんいると思う。
私は、下手なマルチモニタ環境より、よっぽどコストパフォーマンスがいいし、楽だと思っている。

幅960px以上のサイトは、横スクロールバーが出て、ちょっとメンドイのよね。ま、広告が隠れちゃう分には、支障がなくていいけど。

今の主流は、1366x768らしいんだけど、ノートPCだよね。
ノートPCの問題は、幅よりも、縦が少なすぎることなんだよなぁ。
ファーストビューも大切かもしれんけど、縦が足りなくて、どうせスクロールしなきゃいけないのなら、横幅控えめのほうが、見やすいと思う。
現行で960幅が主流なら、それでデメリットがあるわけでもない。

それよりも、重要なメリットがある。
950幅のサイトは、iPadで見ても良いバランスなのだ。
まぁ、ポートレートの場合ね。ランドスケープの場合は、ノートPCと同じで、縦が寸詰まりで、どうも良くない。

さらにはスマホ。
私が今使っているスマホは、4インチだけど、950幅のサイトを見るのに支障はない。
確かに、文字は小さくて読めないけど、そんなのタップして拡大すればいい。
このひと手間がダメだ、という人もいるかもしれないけど、全体が見れて、さらに自分の好みで文字のサイズが変えられるってのは、利点よ。

スマホ主流は5インチ超えになってきているようだし、そして。ついに大型化したiPhone6ですよ。
iPhoneが大きくなった以上、スマホのさらなる大型化、ファブレット化は、もはや必然と言っていいでしょう。
さらに大きい分には、表示が小さすぎるという問題もない。

> iPhone 6とレスポンシブデザインについて思ったんだけど

こうなってくると、スマホ~タブレット~PCまで、viewport=950固定でデザインして、問題ないんじゃないかなぁ。
ブレイクポイントなし。
そうすれば、もうブレイクポイントで悩むこともないし、ブレイクポイントごとに表示を確認する必要もない。
すべてのデバイスで単一のファイルで対応する、真のレスポンシブデザインが実現する。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

ガーデニングが趣味のフリーのシステムエンジニア兼プログラマ(フルスタックエンジニア)です。

仕事募集中です。個人なので、融通がききます。 大規模な開発はできないかもしれませんが、研究や製品開発レベルでの小規模開発、特に相談しながら新しいものを作っていくのが得意です。詳しくはWebサイトをご覧ください。
詳しくは「fintopoとは」をご覧ください。

> fintopoとは

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。