Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JavaScriptを使うとぐだぐだになるのは、プログラマとデザイナーがお見合いしているからだよ。

カテゴリ:コンピューター
更新日:2014-07-01
私は、今はJavaScript をシステム開発の中心要素と考えているから、こういう話は気になる。

> Ruby - Railsが時代に合わなくなってきた
> Javascriptを使うのをやめろ:Railsの時代遅れ云々についての結論
> 昔ながらの「片手間に書くJavaScript」の限界 - mizchi's blog

サーバーサイドは、APIで呼び出してJSONを出力するだけにして、クライアントサイド(JavaScript)で全てのHTMLを生成する。まぁ、ピュアAjaxなんだけど、Backbone.Marionetteを導入して、やっと形になってきた。

> Bulbware

こういう作り方をしていると、サーバーサイドのフレームワークを使って、JavaScriptを乗っけてAjaxをするのって、辛いんじゃないのかなぁ、という気がしていた。

HTMLテンプレートにしても、アプリケーション・ロジックにしても、サーバーサイドとクライアントサイドに分かれるから、切り分けが難しそうだ。おそらく、かなりの部分は重複して必要になるんじゃないか?
そりゃ、よっぽどちゃんと設計しないと、ぐだぐだになっちゃうよね。

結論は、だから、同じだよね。

> Javascriptを使うのをやめろ:Railsの時代遅れ云々についての結論
「片手間以上」のUX改善を行いたいなら、「片手間にJS」はもう無理

> 昔ながらの「片手間に書くJavaScript」の限界 - mizchi's blog
結論: Javascriptの乱用をやめるのが一番。

ようは、不用意にJavaScriptを使うな、ってことだ。

ニュアンスの違いは、立ち位置の違いだろう。
ロジックを優先するのか、インタフェースを優先するのか。
サーバーサイドか、クライアントサイドか。
プログラマか、デザイナーか。



昔は、角丸やホバーを実現するためにjQueryプラグインを使っていたんだよね。ようするに、JavaScriptというのは、画面デザインにちょっとした修飾をするためのWebデザイナーが使う言語だった。こういう時代のJavaScriptは、画面出力の一部と考えられたから、あんまり問題はなかった。プログラマとデザイナーという役割分担も、うまく機能した。

だけど、Ajaxが普及してくると、サーバーとの通信が発生する。そうなれば、サーバーサイドも無視はできない。ロジックにも影響する。一方で、従来の修飾レベルのことは、CSSでできるようになってきた。

結果として、JavaScriptの意味付けは変わってくる。

プログラマとデザイナーの間に存在する要素になった。
おそらく、従来のプログラマとデザイナーという役割分担では、うまく機能しない部分だ。

プログラミングに興味のないデザイナーでは荷が重い。
プログラマは、なぜかJavaScriptを敬遠する。

システムで通信が発生する部分には、開発者にもコミュニケーションが必要になる。
プログラマとか、デザイナーという立場だけで考えれば、そりゃ、ぐだぐだになるでしょうよ。

いずれにせよ、JavaScriptは避けられないんじゃないのかな?
であれば、ちゃんとシステム設計に組み込む必要がある。

私は、ピュアAjaxという選択をしているけれど、おそらく、JavaScriptを包括したフレームワークも出てくるんだろう。
どんなソリューションが出てくるのか、楽しみではある。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。