Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボットカーのある未来

カテゴリ:システム考
更新日:2013-12-24
佐川がamazonを切ったというニュースがあったんだけど。

> 佐川急便「アマゾン切り」の理由 「採算がとれないと判断」? : J-CASTニュース

下請けが割を食う構図というのは普通にある話ではある。特に運送費用ってのは、出荷部門におけるコストでたいてい問題になってる。私も業務システムの開発で、いろんな会社を見てきたけど、運賃ってちゃんと取れてないんだよね。でも、客のところまで運ばなきゃいけないから、輸送費というのは、ほぼ完全に持ち出しになる。だから、運送業者との契約はシビアは話が多かった。

amazonも送料無料なんてやってるしね。だから、まぁ、事情はわかる。だけど、通販にとって宅配便は重要な足まわりのはずなんだよね。店舗を持たないことが通販のメリットだけど、その代わりに輸送コストが必要になるわけだ。だから、これを買い叩くようなことをしていたら、よって立つところが無くなると思うのだよね。

amazonが宅配業もやる、なんて意見も見たけど、拠点を増やすというくらいならともかく、ラストワンマイルというのは、そんな簡単じゃない。そんなところまで手を出したら、通販のメリットは、ほぼ失われるだろう。

しかし。

> Amazon、ドローンでの配送サービス「Prime Air」構想を発表 - ITmedia ニュース
> Amazonが実現を目指す「空飛ぶ宅配ロボ」 - Idea WebTools

なるほど。確かに、ロボットはありだな。

空を飛ばすのは、日本ではなかなか難しいようにも思うけど、ロボットカーなら、どうだろう?

段ボール箱が自走しても面白いけど、公道を小さい箱が動きまわるのは、問題が多そうだし、段差や悪路なんかを考えると、もう少し大きいほうがいいだろう。超小型車クラス、いや人が乗る必要はないんだから、もっと小さく・・・そうだな、宅配ボックスが自走したらいい。

拠点間の配送はモニタできているんだから、近場の営業所に自分宛ての荷物が届くと分かったら、到着時間に合わせて宅配ボックスも営業所に走って行って、荷物を受け取り、家に戻る。受け取りのために、家で待つ必要もないし、便利そうだ。


こういうことを考えると、ロボットカーというのは、たんに人間が運転しなくていい車、ということではないんだろうな、と思う。

例えば旅行。

私は、子供の頃からの習慣もあって、旅行といえば自家用車なんだけど、公共交通機関を使うことに対して、利点が2つある。1つは、時間に縛られない。もう1つは、手荷物を気にしなくていい。

ただ、欠点もある。ドライバーは疲れる。同乗者は車内で寝てられるけど、ドライバーは運転しなきゃいけなくて、でも目的地ではやっぱ遊びたい。で、帰りも運転しないといけなくて、中年にもなると、かなり辛くなってきた。

でも、ロボットカーなら、この運転を任せられる。

目的地に着く時間から逆算して、早朝に出発なんてこともあるんだけど、車の中で寝ることを前提にするならば、早朝ではなく、前日に出発してしまえばいい。ロボットが、いい時間に着くように走ってくれるだろう。

寝るということを前提にするなら、キャンピングカーの方がいいかな。最近、よく見かけるようになった。でも、毎日使うようなものでもないから、レンタカーの方がいいな。ロボットレンタカーなら、ネットで予約を入れたら、必要な時間に家の前に来てくれるよね。

レンタルロボットカーが、自宅まで来てくれるなら、それはタクシーと何ら違いはないのかもしれない。

タクシークラスの移動なら、ドライバーの席が要らないから、超小型車クラスでも十分かもしれない。足りなきゃ台数を増やせばいいだけだ。


公共交通機関も様変わりするだろう。

公共交通機関の利点の1つは大量輸送なんだけど、大都会では満員が、田舎では維持できる量がないことが、問題になっている。ようするに、「量」が公共交通機関のメリットを活かせる範囲を超えてしまってるんだよね。

だけど、超小型車クラスのロボットカーなら、この問題はかなり解消できるんじゃないだろうか?まぁ、さすがにベッドが走りだすのは、アニメの中だけにしておきたいが。


こう考えてくると、マイカーというのは、かなり贅沢な所有物になるんだろうな、という気がしてくる。まぁ、今でも、一般人には、人生で二番目に高価な買い物なんだけど、さらに珍しいものになるんじゃないかな。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

ガーデニングが趣味のフリーのシステムエンジニア兼プログラマ(フルスタックエンジニア)です。

仕事募集中です。個人なので、融通がききます。 大規模な開発はできないかもしれませんが、研究や製品開発レベルでの小規模開発、特に相談しながら新しいものを作っていくのが得意です。詳しくはWebサイトをご覧ください。
詳しくは「fintopoとは」をご覧ください。

> fintopoとは

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。