Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者や高齢者向けの大人数のIT講習会は上手くいかないよ。インターネットカフェのツアーとか、高齢者向けのITカフェの方が良いと思う。

カテゴリ:システム考
更新日:2013-12-04
> 高齢者へのiPad導入を阻んだiOSのUI/UXの話 - 株式会社たからのやま

UIの話になってるんだけど、私はちょっと違うと思う。PCでもこういう講習会はたくさんあったけど、初心者向けの大人数の講習会は、コンピュータを教えるには全く向いていない。

「iOSは直感的で使いやすい」なんて言われるけど、そんなのはせいぜい「スワイプ」くらいの話で、コンピューターに慣れていない人が特に使いやすいなんてことは決してない。だって、所詮はコンピュータだもの。確かに、iOSになって初期設定にしても、アプリのインストールにしても、通常の管理はずいぶんと楽になった。だけど、その手の面倒がなくなったわけじゃない。そしてこれは、パーソナルなツールである以上、決して無くならない。

あと、UIは慣れの問題があるから、初心者、特に高齢者は最初でつまずくことは多い。でも、それは時間がかかるってだけなんだよね。やっかいなのは、数時間で慣れたりはしないってこと。毎日触って数ヶ月とか、そんなオーダーじゃないかな。だから、大人数に数時間の講習なんかで、どうやったって慣れるはずがない。

講習会用に初期設定をやっておいて、いくつかのアプリを使ってみる、なんてのはPCの頃であれば、ありだったかもしれない。PCは、スタンドアローンでも使えるからね。でも、タブレットは通信機器で、使うのはサービスだから、その初期設定は個人設定になるわけだ。これでは、最初に初期設定をしておく、なんて準備ができない。講習会用の設定をしたら、家に帰って使うことができない。(この点で言えば、PCよりタブレットの方が難度が高くなっているといえる。教える方のね。これが、件の記事の最大の発見だと思う。)

初心者には、個別指導しかないんじゃないかなぁ。しかも、結構長期間の(長時間ではない。一回あたりは短時間ですむだろう)。そうして、少し使えるようになった人が、もう少し高度なことができるようになりたい、と考えるならば、講習会という方法はありだと思う。

どうしても、最初のハードルを下げるための講習会をやりたいなら、インターネットカフェのツアーなんて、どうかね?

インターネットカフェなら設定されて誰でも使える機器がある。少額でいつでも使える。そういうところに集めて、教えて、常連になってもらえばいい。初心者って「始めること」に最大の抵抗がある。だから、連れて行ってあげる、というだけでもありだと思う。それならば、慣れさせるのもできるだろう。

さらに言えば、インストラクターがいるといいね。カフェにある機器の使い方を教えるだけじゃなくて、家で使いたいという人に対して機器選定とか、購入とか、家で使えるように設定を手伝ってあげる人。そこに行けば聞けるなら安心するだろう。

仲間を作っていけるようにしたらもっといいね。話し相手ができるだけでも、高齢者は喜ぶんじゃないかしら?

初心者向けの講習とか、初期設定とか、個別指導とか、なかなか金にしにくい。ようは、初心者は金を出さないから。初心者向けと言われるものが安価なのは、高価なものを買って使いこなせなかったら無駄になるとか、買う前に考えちゃうことに対する抵抗を下げるためにある。

IT講習でも、カフェ方式なら、抵抗は少なくなるんじゃないかなぁ。そうだな、初心者/高齢者向けのITカフェと言ったところか。いつでも行けて、何でも相談できて、大抵のことはやってくれて、それが手頃な値段で始められればいいと思うんだ。重要なのは、短時間でも継続していける仕組みだと思う。


スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。