Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#enchantMOON MOONBlockのストローク処理の拡張と三目並べ用ボード描画シール

カテゴリ:enchantMOON
タグ: MOONStrokes 
更新日:2013-10-30
MOONPhase 2.7.0が公開されましたね。

> MOONPhase 2.7.0 を公開いたしました - enchantMOON News

筆圧による色変更って、面白いなぁ。まさにNoUIという感じ。

初期設定ブロックというのも地味にいいですね。Hackへ誘う、という意味もあるんでしょうが、手段だけ提供することで設定のための機能(ページ)を公式に作らなくていいというのが、開発者的に地味に嬉しい感じ。これは、応用できんかなぁ?

この調子で、いろいろ無くして、真にNoUIを目指して欲しいものです。

さて、ストローク処理を拡張した MOONBlock-Strokes も MOONPhase 2.7.0 に対応して Ver.1.7.0 にしました。

> MOONBlock-Strokes-1.7.0.zip

主な修正点は、次のとおりです。

● MOONPhase 2.7.0に対応
● ブロックの種類の整理
● 90度単位で負数の場合に回転しない不具合を修正

インストールは、enchantMOONをPCにつないで、/App/MOONBlockに上書きしてください。

※ 必ずバックアップをしてください。

※ Ver.1.6.0とは違い、すべてのファイルを含めるようにしました。

※ Ver.1.6.0以前のバージョンで作ったシールはHackできません。

追加したファイルは、GitHubで公開しています。

> fintopo/MOONStrokes - GitHub


今回、処理ブロックの大幅な見直しをしています。

※ このため、従来のバージョンとは互換性がありません。互換性を考慮しようと思っていたのですが、ライブラリファイルは再コピーされないようで、それではライブラリの修正や機能追加が反映されないので、まぁいいや、と・・・

Ver.1.6.0で直線描画などのブロックを追加して、じゃあこれでなにか作ってみよう!と作り始めたら、全然まったく使いものにならないことが発覚しました。

直接的には、描画ブロックの座標指定が数値選択だったことでした。これでは、プログラムで制御できず、決められた描画しかできません。少なくとも、変数ブロックが使えるように改良する必要がありました。

その修正自体は簡単なんですが、ブロックの作り方にも、なんか違和感があったんですよね。描画ブロックの引数が多いとか。ブロックの種類の割にできることが少ないとか。この調子で、ブロックを増やすと、なんだか大変なことになりそうな予感がありました。

これはなんか、MOONBlock的にイマイチなんじゃないかなぁ、どうすべ~、と思っていたところ、@ina_aniさんの魔法陣エンジンというのを知りました。

> 魔法陣エンジン

魔法陣言語というので、いろんな図形が描けるようです。ちらりとマニュアルを見ると、基本図形のサイズを決めて、移動したり、回転させたりしているようです。

をぉ、なるほど!これなら、基本操作を用意するだけで応用性がありそうです。実際、いろんな魔法陣が描けているようです。というわけで、さっそく真似させてもらうことにしたのでした。

ブロックの整理をすると、少しスッキリしました。まぁ、まだ調整の必要はあるでしょうが、これなら、なんかイケそうな感じです。

とりあえず、サンプルで三目並べ用のボードを描画するシールを作ってみましたので、詳しくはこれをHackしてみてください。

> 三目並べ用ボード描画シール

enchantMOON Bookmarks にも登録してありますので、そちらからもダウンロードできます。

> enchantMOON Bookmarks

少し手直しすれば、将棋盤や囲碁盤も作れるんじゃないですかね?
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。