Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#enchantMOON ストローク加工シール第二弾は、削除シール二種。図形認識アルゴリズムが欲しいなぁ。簡単なの落ちてないですかね?

カテゴリ:enchantMOON
タグ: MOONStrokes 
更新日:2013-09-25
enchantMOONのストローク加工シール第二弾は、削除シール二種です。

> 最後のストロークを消すシール
> 最後のストロークの範囲を消すシール

enchantMOON Bookmarks にも登録してありますので、そちらからもダウンロードできます。

> enchantMOON Bookmarks

消しゴム機能が使いにくいこともあって、削除シールは既にいくつか出ていますが、まぁ、いいじゃないですか。

最後のストロークを消すシールは、問題ないですね。そのままです。今のところ、最後のストロークを操作するシールを作ってるんで、結構欲しいんですよね。意外や無かったので作りました。

ライブラリ MOONStrokes.js を使うため、最初にストロークを全展開するとか、シールアイコンが細かいとか、ストロークを1つ消すだけにしては、妙に重いシールだったりします。まぁ、コードの効率化は、ライブラリの機能が落ち着いてきたら考えます。

最後のストロークの範囲を消すシールは、一定の範囲を削除するシールです。

こんな絵があった時。

stroke_erase_0.png

ぐちゃぐちゃ、っとやって、

stroke_erase_1.png

シールを起動すると、その範囲が消えます。

stroke_erase_2.png

消える範囲は、四角化シールで長方形になる範囲と同じです。事前に四角化シールを使えば、消える範囲が確認できますね。大きすぎる場合は、最後のストロークを消すシールを使ってやり直しましょう。

本当は、交わったストロークだけ消すとか、シール化のように描いた丸の中を消す、なんてことをしたいんですけどね。四角化シールもそうですが、図形認識処理が欲しいところです。ストローク情報を使う図形認識アルゴリズムって、どこかに簡単なの落ちてないですかね?

ストローク加工用のライブラリ MOONStrokes.js も、今回の機能を取り入れて Ver.1.1.0 にバージョンアップしました。

> fintopo/MOONStrokes - GitHub
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。