Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィールにプログラマを追加しました。今まで「プログラマ」を自称できなかったわけ。

カテゴリ:fintopo
更新日:2013-08-06
今までブログのプロフィールでは「システムエンジニア」を自称してた。

フリーになった頃、私の中のプログラマ像を自分は満たしていない気がしたんだよね。だから、「システムエンジニア」を自称してた。「SE」ではなくて、「システムのエンジニア」なんだと内心では思っていたりもしたんだけど、そんなこだわりは通じないよね。

業務システムの世界に足を踏み入れた頃には、プログラムを書いていた。業務システムなんて分からないから、先輩に従って開発していたんだけど、だんだんと、なんでこんな面倒なことしなきゃいけないんだ、と思うようになっていた。妙に複雑で、なのにその複雑さに意味があるような気がしない。似たようなプログラムを毎回書くのも不合理だと思った。

上流工程を担当しているから上位者というわけじゃないと思うんだけど、SE/PGと言えば、なんだかSEが偉くて、PGは下っ端というニュアンスがある。だから、自分が書きやすいプログラムにするためには、設計に関わらなきゃダメだと思った。で、上流工程を目指したんだよね。

まぁ、自分でヒアリングして、自分でプログラムを書いたってだけなんだけど。ベンチャーで人が少なかったからできたことではある。そのうち会社の方針もあって、SAPのコンサルタントになった。

SAPを見れたのは大きかったな。ひと通りの業務知識が得られたのも大きかったし、あれだけの機能をパラメータ設定だけで動くようにする仕組み(SAPではカスタマイズと呼ぶ)には驚愕する一方、あきらかに設計の古さが足かせになっていた。まぁ、簡単に切り捨てられないから、そうなってるんだけど。

ひと通りの技術と知識を得て、現実がわかってくると、業務システムの不合理さに納得のいく面もあったし、やっぱり無駄じゃないの、と思う面もあった。そうして、自分でシステムが組みたくなってきた。

「プログラマ」を自称する自信がなかったのは、プログラミングからは離れていたせいもある。けれど一番大きいのは、不合理な仕様でもなんとか実現する力がプログラマには必要だと思っていたからだった。でもそれは、SEの下っ端としてのPGということなんだよね

仕事としてプログラムを納めていくうちに、やっぱり私はプログラミングが好きなんだと思った。好きだし、楽しいし、面白い。そうしてプログラマとしての自信を取り戻したので、プロフィールに入れてもいいな、と思えるようになった。

私が考える「プログラマ」は、SEの下っ端としてのPGじゃない。プログラムを使ったシステムを組み上げることができるエンジニアのことだ。

そういう意味では、今まで自称していた「システムエンジニア」も同じ意味なんだよね。そして、だから、「フルスタックエンジニア」なんて言葉も入れてみた。

> 最近よく目にする「フルスタックエンジニア」とは何だろうか? - Publickey

フルスタックエンジニアって、決して万能ってことじゃないと思う。得手不得手は誰にでもある。私だって、インフラ周りは、やればできるけど、やらなくて済むならやりたくない。デザイン周りは、大雑把な性格のせいか、細かいところに意識が届かなかったりするんで、苦手と言える。

でも、苦手な部分はチームで補え合えばいいんだよね。それでも、少人数でシステムを組み上げるためには、ひと通りの技術と知識があるかどうかが重要だということなんじゃないかな。


いむら@fintopo いむら@fintopo


ガーデニングが趣味のフリーのシステムエンジニア兼プログラマ(フルスタックエンジニア)です。

仕事募集中です。個人なので、融通がききます。 大規模な開発はできないかもしれませんが、研究や製品開発レベルでの小規模開発、特に相談しながら新しいものを作っていくのが得意です。詳しくはWebサイトをご覧ください。
詳しくは「fintopoとは」をご覧ください。

> fintopoとは

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

ガーデニングが趣味のフリーのシステムエンジニア兼プログラマ(フルスタックエンジニア)です。

仕事募集中です。個人なので、融通がききます。 大規模な開発はできないかもしれませんが、研究や製品開発レベルでの小規模開発、特に相談しながら新しいものを作っていくのが得意です。詳しくはWebサイトをご覧ください。
詳しくは「fintopoとは」をご覧ください。

> fintopoとは

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。