Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプリケーションが開発したいならフレームワークはガンガン使ったほうがいいよ、と思う。そうして困ったらプログラマの出番だよね。

カテゴリ:コンピューター
更新日:2013-07-27
> 今すぐ辞めて欲しい、「Ruby on Rails勉強してます」「CakePHP勉強してます」

この記事は「Ruby on Railsを勉強してます」が数ヶ月続いちゃったり、1年間やってみたけど何が身についたか分からなかったり、そんなプログラミング初心者の方向けに「もう少し、必要性を感じながら、少しずつ勉強して、Railsを使う必要があると感じたら使ったほうがいいよ」と伝えたいと思い書いたのものです。

この「勉強してます、が数ヶ月続いちゃう人」というのがイマイチよく分からない。数ヶ月~1年いじって、荒くても動くアプリケーションの1つもできていない、なんてことあるのか?ダメなら数ヶ月もいじってられないだろう。たぶん早々に諦めて、もはや口だけ、になってるんじゃないか?

まぁ、私も昔は似たようなことを言ってたんだけどね。でも最近は、アプリケーションが開発したいならフレームワークはガンガン使ったほうがいいよ、と思う。

今まではアプリケーションを開発するにはプログラマの力が必要だった。けど最近は、プログラマでなくてもアプリケーションが開発できる時代に突入しつつある、と考えてる。そういう時代には、プログラマとアプリケーション開発者は分けて考えてもいいんじゃないかなぁ。

> フレームワークとしてのExcel。プログラマは、アプリケーション開発者のために、よりよい環境を提供することを考えようよ - fintopo

「アプリケーション開発者」というのは、プログラミングをやりたいんじゃないんだよね。ただ自分がほしいと思ってるアプリケーションがあって、それを自分で作りたいと思ってる。そういう人にRuby on Railsなんかを勧めるのは、いいんじゃないかなぁ。

そりゃ、苦労もするだろうけど、モノづくりってそういうものだ。苦労して、乗り越えて、そうしていっぱしになっていく。

> フレームワーク使うな的な話を見て - Write and Run

プログラミングを学ぶ流れは3つのフェーズに分けられると思っている。

1. 本質ではなく振る舞いだけを追いかけてとりあえず使えるようになる
2. 本質に興味を持ち、調べることでそれを理解する
3. 本質にもとづいて、振る舞いを捉えられるようになる

フェーズ1と3は表面だけを見れば同じように見える。手戻りしているようにすら見える。しかしそれは違う。このような手順を追うからこそ、飽きずに学習を続けることができるのだ。
フェーズ1の存在を忘れてフェーズ2から学習を始めることを勧めるのは良くないと思う。


それになぁ。みんながみんな上級者にならなくてもいいと思うんだよ。「プログラマ」になりたいんじゃなくて、アプリケーションが欲しいだけなんだから。

欲しいアプリケーションが自分で作れないなら、そこで人に頼ればいい。そうやって作られたアプリケーションを、そのまま使って改良しろ、と言われたら、断るかもしれないけれど、作り直しも視野に入れていいのなら、プロトタイプとしては十分に参考になる。おそらくそれが、私のようなエンジニアの仕事なんだろう。


アプリケーション開発に行き詰まっているのなら、乗り越えるお手伝いはできるかもしれませんので、声をかけてくださいな。

> fintopoとは
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

ガーデニングが趣味のフリーのシステムエンジニア兼プログラマ(フルスタックエンジニア)です。

仕事募集中です。個人なので、融通がききます。 大規模な開発はできないかもしれませんが、研究や製品開発レベルでの小規模開発、特に相談しながら新しいものを作っていくのが得意です。詳しくはWebサイトをご覧ください。
詳しくは「fintopoとは」をご覧ください。

> fintopoとは

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。