Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレームワークとしてのExcel。プログラマは、アプリケーション開発者のために、よりよい環境を提供することを考えようよ

カテゴリ:システム考
更新日:2013-06-06
> 大学のソフトウェア工学の授業が、なぜ役立たないか、わかった! - ウィリアムのいたずらの開発日記

アプリケーションを開発するには、システム開発の技術の他に業務知識が必要とされる。で、システム開発の技術は、ソフトウェア工学の対象になるだろうけど、業務知識というのは含まれないんじゃないかなぁ?

前に「プログラマとコーダー」って書いたんだけど、「コーダー」という表現は適切じゃなかったなぁ、と思う。

> プログラマとコーダー

いい名称が思い浮かばないけど、とりあえず「プログラマ」と「アプリケーション開発者」としよう。そして、両者を分かつのは「フレームワーク」。

> 大学のソフトウェア工学の授業が、なぜ役立たないか、わかった! - ウィリアムのいたずらの開発日記

たとえば、Webシステムのフレームワークは、
 ストラテジーパターンをリフレクションを使って実現すると
できるんだけど、それに、何秒でおもいつく?


ソフトウェア工学の知識は、フレームワークを作るために必要になる。無くてもできるとか、あったほうがいいとか、そんな話じゃなくて、フレームワークを作ることがソフトウェア工学の目的だといってしまってもいい。そのための知識と技術を集約するのがソフトウェア工学なんだ。

アプリケーションは、フレームワークの上に乗っかるものだから、アプリケーション開発者は、フレームワークの使い方が分かればいい。もちろん、中身が理解できれば、使い方とか癖とかが分かりやすいかもしれないけれど、使うだけなら必要ない。

ここに、プログラマの憤りが生じる。「同じプログラミング言語を使っているのに、なんでお前らはその中身に興味を持たないんだ」と。

IT業界って、昔からこの区別があったのだと思う。素人の大量導入とか、SEにプログラミング経験が必要かどうかが議論になるとか。こういうのは、アプリケーション開発者の世界なんだと考えれば、何が問題だったのかがわかる。

興味の方向が違うのだ。アプリケーション開発者の興味は、あくまでアプリケーションの開発にある。使えるものが作れなければ、工学的に美しかろうが、醜かろうが、何の価値もない。

昔は、コンピュータリソースが貧弱だったから、プログラマとアプリケーション開発者の区別は明確ではなかった。だけど、時代は変わってきてるんじゃないかな?

> 高水準言語 - Wikipedia

COBOLやBASICなどの言語を「高級言語」と呼ぶ。だけどもはや、「プログラミング言語」なんて、かなり低級な「フレームワーク」だよね。コンピュータリソースの増加にともなって、「フレームワーク」はかなり「高級」になった。

私は、フレームワークをずっと作り続けてきたような気がする。それはもちろん、アプリケーションを作るためだったんだけれど、フレームワークを作らないと、アプリケーションが作れなかったんだよね。だけど、最近は、いきなりアプリケーションが作れるような環境が整ってきたように思う。

代表的なのは「Excel」じゃないかな。「プログラマ」が嫌うからね。表計算という枠組みの中で使うこともできるけど、マクロを覚えればかなりのことが可能になる。そして、多くの人が、割と自由にアプリケーションを作ってる。

Excelアプリケーションは、確かに配布して不特定多数に使ってもらうには不完全なことが多い。だけど、自分だけが使うには別にそれでもいいんだよね。そして、自分が使うためにちょっとしたプログラミングができる環境があるということがどれほど強力なことかは、プログラマならよく分かっているだろう?

もう、プログラマはアプリケーション開発者に憤ることはないんだ。昔は不可分だったかもしれないけれど、徐々に分離し始めている。そして、それはこれからも進む。家電だって、自動車だって、僕達は中身なんてよく知らなくても使っている。ソフトウェアも、ようやっとそういうレベルになってきたのだ。

プログラマは、アプリケーション開発者のために、よりよい環境を提供することを考えようよ。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。