Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービスの継続性も重要だけど、サービス自体のバックアップを考えた方がいいかも。

カテゴリ:システム考
更新日:2013-03-22
そろそろ、次の仕事も探さにゃいかん。営業チャネルは少ないので、ブログを更新するように意識している。営業向きの内容になっているのかわからないけど、まずは存在を認知してもらわないと・・・

そういや、ブログを更新しても、新しい記事が読まれるわけじゃないんだよね。
でも、検索流入は増える。
これって、良質でも古い情報にはアクセスしにくくなってる、ということだよね。
まぁ、メンテナンスしてない情報は良質とはいえない、ということかもしれんけど、本の絶版化なんかを考えても、今の時代は、新着への価値の重きが大きすぎるような気はするなぁ。

おっと、今日はこの話じゃない。Googleの新しいサービスKeepの話。

「Evernoteのようなサービス」と紹介されるせいなのか、既にサービスが停止したGoogleノートブックを想起させ、Googleリーダーが停止するという騒ぎと合わせて、「情報を預けるのに、いつ終わるかわからないサービスなんか使えないでしょ」ということで、敬遠組が多い感じ。

確かに、私もGoogleノートブックは思い出したけどさ。
Googleリーダーが、思想と実装を変えて、将来復活することがあるのかもしれん、とも考えたけどさ。

でもノートブックって、単にサービス停止したんじゃなくて、Docsへの移行だったんだよね。
で、Docsは、Drive化し、それと同期できるアプリとしてKeepが出てきたという流れはあって、Google的な一貫性はあるんだと思う。

とはいえ、私がノートブックからEvernoteに移行したのは、ノートブックをWebクリッパーとして使っていたからなんだよね。Docsでは、そういう使い方はできなかった。Keepにしても、まだ、そういう機能はないようだ。将来的には分からんけど。

逆に、私は、Evernoteをメモとしては、ほとんど使ってない。なんか、使いにくいんだよね。
代わりに、Catchというサービスを使っている。

> Catch

アプリも揃っているし、おてがるメモサービスとしては満足している。
私にとって、Keepは、どちらかというとCatchの対抗だなぁ。

とはいえ、Evernote vs Keep という論点より、私はどうやって一緒に使うか、ということを考えたいなぁ。
プライベートな情報を預けるサービスって、複数ある方がいいと思うんだよね。

なぜって、サービスはいつ停止するかわからないし、プライベートなデータって自分が管理している分しかないから、バックアップは欲しい。
でも、容量が増えすぎると、サービスを移行するのも楽じゃない。

できれば、サービス間で連携してくれるといい。
例えば、EvernoteとKeepのメモが同期されるとか。

私の場合、無くなって困るプライベートなデータでクラウド化できていないのにデジカメ写真がある。
容量的な問題が大きいんだけど、合わせてサービスの継続性、安定性、機能性を考えるとWebサービスは使えない。ローカルなハードディスクに入れてPicasa(PCアプリのほうね)で管理している。

現状でも画像を預けるサービスはあるけど、それを使ったとしてもローカルの管理はなくせないだろうと思っている。
これは、そのサービスが無くなった時のことを考えてしまうからだ。
もし、移行できなかったら、個人的な写真は、永遠に失われてしまう。

こういう点を考えても、サービスの継続性って重要だよね。
とはいえ、絶対はないわけで、ならサービス自体もバックアップが必要なんじゃないかなぁ。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。