Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕様書とレシピ、エンジニアと料理人

カテゴリ:システム考
タグ: アジャイル 
更新日:2012-07-28
システム開発と建築の対比が一番近いと思っていたけど、レシピというのは、いい例えかも。

> ITを活用できる組織を増やす為に必要なこと - GoTheDistance

注文住宅の設計書は図面だから、出来上がってくるものが図面通りに出来る。工法の詳細は知る必要は無い。チェックポイントも限定的なので、お互いコミュニケーションが取りやすい。しかし、ITのシステムにおける設計書は料理のレシピに良く似ている。レシピを読んだ所で、自分が望む料理になるかを判断するためにはレシピの作り手と同等の専門性が必要となるので、情シス部門ならまだしもエンドユーザーは口に入れないと正しく判断することが困難になる。「トマトソースのパスタ」って料理を注文して「口に合わないから下げろ、これはオレが頼んだものではない」という発注者の言い分が、まかり通ってしまう。注文住宅で「とりあえず家を作ってよ。住んでから検収するから」っていうのは通らないけれど、ITの場合は往々にして通ってしまうのは、この辺のズレに問題があると常々感じています。


作ってみないとわからない。なら、実際に作ってみて、味わってもらった方が早い。そんなことで出てきたのが、プロトタイプ開発だったり、アジャイルだったりするんじゃないだろうか。

住宅を建てるときの間取り図とか、機械設計の図面とかを見て、ずっと羨ましいと思っていた。これから何を作るのか、素人目にもあきらかだからだ。システム開発では、説明が難しい。だから、図案化については、ずっと考えてきた。

今だと主流はUMLか。フローチャート、なんて言う人もいるかも知れない。私が概要説明で使うのは、ハードウェア構成図とアクティビティ図くらい。設計書で書くのはER図。

だけど、これを見ても、わかりやすい、という感じはしない。住宅とか機械のように静的なものではないからなのだろう。機械だって、動きを説明するのは大変なんじゃないかと思うけど、コンピュータシステムは「動き」しかないのだ。

わかりやすくするとは、細部を省略することで、理解はしやすくなるが、図に書くほどでもなくなる。図に書いても、決してわかりやすくならないのは、「手順」、つまりレシピだからということか。つまり、作り方をいくら説明しても、美味しい料理が想像できるとは限らない。なら、作った料理を、システムを見せて、評価してもらうほうが早い。

仕様書をレシピに例えるなら、エンジニアは、レストランに雇われる料理人か。レストランにとっては、料理人の技量も重要だけれど、より重要なのが、一定品質で料理が提供できること、だろう。

ファミレスなどのチェーン店では、一定品質の料理を提供するために、工場で生産し、店舗では解凍するだけになっている。早くて、安い。個々の店に高い技能を持つ料理人も必要ない。

パッケージ、かな。安いんだけど、あまり融通はきかない。メニューにない料理は頼めないし、高級さにも欠ける。

SIerが厳しい時代になった、という話がある。チェーン店なのに集中生産せずに、個々の店で料理人(エンジニア)が踏ん張っているイメージがある。そりゃ、厳しいわ。

個々の料理人の質によらず、システムを提供したいと考えるから、ノンプログラミングという方向にもなるのだろうけど、それならいっそ、パッケージを目指したほうがマシな気もする。

とはいえ、料理と違って、システムって無いと困るものじゃないんだよなぁ。

ファミレスチェーンが集中生産で安くできるのは、それだけ利用者が多いってことなんだよね。価格ってのは、同じ物が大量に作れるから安くできる。

だけど、業務システムなんかは、結局、一品モノ。そんなに安くはできない。であれば、安くする方向ではなくて、高級志向を目指したほうがいいんじゃないか?

高級レストランでは、もちろん料理人も一流で、素材も高級なんだけど、それだけじゃなくて、店の内外装の雰囲気がいいとか、給仕が丁寧とか、ファミレスとは別次元サービスを提供してるよね。それぞれに役割があり、それぞれに専門家。決して料理人だけで高級レストランはできてるわけじゃない。

システム開発も、もっと専門家の技能を活かせるような体制が必要なんじゃないかな。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。