Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログラマを、もっと信用しようよ。

カテゴリ:システム考
更新日:2012-07-27
フルスクラッチ開発とか、そのための考え方、体制。似たようなことを考える人っては、やっぱいるものなんだねぇ。

> SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術 インデックス - @IT自分戦略研究所

私が「システムエンジニア」を自称しているのは、いくつか理由があるんだけど、その一つが「プログラムを書くのが面倒なこと」だと思っていることにある。まぁ、実質の仕事は「プログラマ」という方が近いのかもしれないけれど、自分をあんまり「プログラマ」とは思えないんだよね。

そんなわけで、私も、昔はノンプログラミングにあこがれていた。

仕様書を書くだけで実行できたらいいな、と思って、設定ファイルで動く仕組みなんかもつくってみたこともある。SAP R/3をやってみてもいいかな、と思ったのも、そのためだろう。

だけどねぇ。なんか違うんだよ。

自動化の仕組みは、うん、ある程度はうまくいく。ちょっと詰めれば、ほぼうまくいく。だけど、一方で、絶対にできない領域が発生する。「絶対」まで行かなくても、仕組みに合わせて実現するために、かなりいろいろ考えないといけなくなる領域がある。

これは、SAPでもそうだった。「カスタマイズ」と言って、パラメータ設定だけで様々な業務に対応できるようになっている。標準的な業務は、簡単に設定できる。だけど、ちょっと変わった業務だと、とたんに難しくなる。

パラメータ設定だけで、できる仕組みになっているのは、驚愕に値する。だけど、あれだけ機能があるように見えるのに、実際に使えるのは、ほんの僅かだったように思う。

SAPもそれがわかってるから、BPRを勧めるんだよね。だけど、特殊な業務というのは、その企業の優位性と裏表で、簡単に変えられないし、無理やり変えると競争力を失う可能性さえある。もちろん、コンピュータの特性をうまく使うことで、より実行しやすい方法にすることはできるけど、SAPの機能に合わせるってのは、それとは違うように感じた。

結局、パラメータ設定だけでは実現できずに「アドオン」ということになってしまう。

アドオン - 機能の不足をコードを書いて対処する - って方法を取ると、たいていプログラミングの比重が増して行く。理想的には、パッケージが想定していない領域だけコードを書けばいい。そんなに多くないはずなんだ。だけど、そのためには、パッケージで実現できる範囲を過不足なく理解している必要が出てくる。そうでなきゃ、足りない部分がどこかなんて、分かるはずがない。

だけどねぇ。パッケージをそこまで理解して、それでもコードを書かないといけないなら、コードを書ける人なら、書いちゃったほうがマシ、って思うよ。だから、アドオンは、増える一方になる。たとえ、標準機能があっても、アドオンが書かれることになる。

そもそも、なんでノンプログラミングなんて目指すんだろう?

私は、コードを書くのは面倒で、できればやりたくないと思っている。コードを書くのが面倒なのは、細部の整合性を維持するのが大変だからなんだよね。簡単なテストプログラムなら、あるいはプロトタイプレベルなら、ちゃちゃっと書ける。だけど、これを実用レベルまでブラッシュアップしていくのは、ほんとに大変なのだ。

その一方で、プログラミングは好きなんだよね。ソリューションとしてプログラムを考えるのは、ほんとに面白い。どういう機能があればいいのか、どうやったら使いやすくなるのか、それをどうやってコードにするのか。

ここにはギャップがある。面白い、だけど面倒。ノンプログラミング・システムってのは、「プログラマの面倒」をどのくらい解決してくれるんだろう?

発想が逆だな、と思ったんだよね。

できるだけプログラムを書かなくてもいいようにしたい、というのは、ようするにプログラマを不要にしたいってことだ。それは、つまりプログラマを信用してないってことじゃないのかな。

「プログラマ」として考えると、ノンプログラミング・システムは、ほとんど面倒を解決してくれないんじゃないかな。それどころか、余計な仕事を増やしているだけかもしれない。

もっとプログラマを信用して欲しい、と思う。

私は、「システムエンジニア」を自称していても、コードを書くことは手放したくないと思っている。だって、面白いもん。

そして、プログラミングの面倒も、最近は随分と楽になったと感じることが多い。ほんの10年前には、実現するのにほんとに苦労したことが、今では簡単にできてしまう。プログラミングの環境ってのは、ほんとうに楽になってきている。

なら、もっとプログラマを活用したらいい。プログラマを信用して、活用すれば、もっといろんなことが出来るようになっているんだと思う。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。