Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タブレットの可能性

カテゴリ:システム考
更新日:2012-02-03
なんで、こんなタイトルなんだろう?

> Androidタブレットのシェア増加、しかしiPadの牙城崩せず - RBB TODAY

販売台数が2倍に増えたiPadがそれでもシェアを落としたことは、タブレットの市場が極めて急速に拡大していることを示している。

結論はこれ。

スレート型タブレットというのは、iPadがジャンルをつくった。そして、急激に拡大している。そういうときに、シェアが落ちるのは当たり前だと思う。

それがわかっているのにこんなタイトルを付けるってことは、iPadの牙城、シェアという視点でしか見れてない、ってことだ。シェアの奪い合いなんて言っている人は、ビジネスセンスがない、らしいぞ。

> ビジネスのパイの話@某セミナー - RememberDT React

初めて出てきた製品がジャンルを創りだすってことは、あんまり無いことだと思う。それができたってことは、iPadの完成度が高かったということだ。そして、類似品は、追随することしかできていない。iPadだけが光っているからこそ、既にシェアという話になるのかもしれない。だけど・・・


確かに、iPadの完成度は高い。ハードウェア的には、全く不満がない。そろそろ発表されるであろうiPad3だって、ハードウェア的には、たいした変化はないだろう。

retinaディスプレイ?ありえないよ。それについては、iPad2の時に書いたけど、状況は全く変わっていない。

> iPad2が発表されましたね - fintopo

とはいえ、iPadしか考えられないほど、タブレットというのは、その程度の可能性しか無いのだろうか?できたばかりのジャンルなのに、もはやシェアを意識するしか無いほどに固定化されたジャンルなんだろうか?


モバイル端末ということで、価格的に対抗しようと、類似品は7インチの小型タイプが多い。だけど、これはスマートフォンとの差別化が難しい。

Appleは、iPhoneとiPadは、モバイルであっても、使用状況は明確に区別しているように思う。外で使うiPhoneと室内で使うiPadだ。

モバイルと見ると、小型化しかないように見える。だけど、室内で使うタブレットという事なら、まだ可能性はあるように思える。大型化だ。

テーブル型というコンセプトモデルがある。あるいは、ホワイトボードをタブレット化したらどうだろう?クラウドで集めた資料を表示して、ホワイトボードのように書き込みができ、手元のスマートフォンと同期して資料を配布なんてことはできる。

家庭でなら、テレビをタブレットにしたらダメかい?テレビを情報端末モニタと考えれば、考えられることはいくつかある。

> テレビを再定義するとしたら - fintopo

まぁ、インターネットTVということになるのだろうけど、まだまだ可能性はあるように思う。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。