Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月21日の作業日報。GAEで複数EntityGroupに対するトランザクション(XG Transaction)が使えるようだ。

カテゴリ:Google App Engine
タグ: GAE 
更新日:2011-10-21
T社。Delphi+MySQL+OpenGLシステム

ドキュメント作成。

4ポモドーロ。

fintopo。ライフログ「ペリドット」(Google App Engine/Python + Ajax)

データ登録用の外部APIを作ることにする。

3ポモドーロ。


> 複数EntityGroupに対するトランザクション処理が追加されたらしい - @vvakame の日記

これはいいね。

RDBを使っている人がBigTableに移行しようとして苦労するという話を聞く。だけど、個人的には、あんまり違和感がなかったんだよな。おそらく、RDBでもKVSのように使っていたのが理由だと思う。

連番自動生成でプライマリーキーを作って、制約は基本的に使わない。インターフェースを工夫して、更新はレコード単位になるようにする。

例えば、「さくら」では、伝票の編集でもヘッダ部のみ編集、明細は一行づつ編集、というようにつくっている。

> Web業務アプリケーション「さくら」

まぁ、若干使いにくい。けど、最近はAjaxが使えるようになってきたから、このあたりは、もう少し何とかなりそう。作りなおすのは、ちょっと手間だけど。

まぁ、詳しいことは、そのうち書こう。

そんなわけで、BigTableになっても、あんまり違和感はなかった。それでも、複数レコードの同時更新は避けられないところはある。例えば、実績更新とか。GAEでつくるときには、そのあたりを、ちょっとごまかしていたんだけど、これで改善できそうだ。

MySQLも使えるようになるって話だけど、XGでなんとかなるかな。

> Google App EngineでGoogle Cloud SQLを使ってみる – .dev():クラスメソッド開発ブログ

スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。