Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月13日の作業日報。ファーストビューについて。スクロールしないのは失敗するのが怖いから?

カテゴリ:作業日報
タグ: Webデザイン 
更新日:2011-10-13
朝の起きる時間で一日が決まる。今朝は、祭り疲れが残っていて起きれなかった。ので、今日も、少しだけ。

fintopo。ToDo「ミモザ」(Google App Engine/Python + Ajax)

タグ抽出機能を追加中。複数選択の対応で手間取った。Javascriptで少し複雑なことをするとてまどるなぁ。まだ馴染んでいない。

3ポモドーロ。



Webデザインではファーストビューが重要」ってよく聞くんだけど、それでページ上部にいろいろ詰め込むのは、見にくいだけで逆効果でないの?と思っていた。

ファーストビューは重要じゃないよ、という意見はある。

> ファーストビュー都市伝説 - ページ上部に詰め込むのはダメデザイン? - Web担当者Forum
> 今の時代のファーストビューの考え方 - Webクリエイターブログ

でも、じゃあ、どうしたらいいのか?というのがよくわかってなかったんだけど・・・

> シニアも使えるウェブサイトを作る時の5つの留意点 - 使いやすさを考えてみる。(アクティブシニア・シルバー層の現場から)

五、失敗するのが面倒になります。
好奇心はとてもあります。インターネットも慣れています。
私の周りでも10年近くネットをやっていて、普段からネットを使っているシニア層、たくさんいます。

が、スクロールしないのです。失敗、というほど大げさではありませんが、スクロールをして自分が欲しい情報がえらえっるのかどうか判断(スクロールしても失敗しないという判断)をしてからでないとスクロールしていただけないのです。

ですから、全てをファーストビューで判断します。このページを見る価値があるかどうか。それを判断するのに時間が掛かります。若者はスクロールを始めるのに12秒、50歳以上だと40秒以上かかります。


なるほど、スクロールをしないのは失敗が怖いためか。であれば、スクロールを誘引するようにすればいい。スクロールしないと失敗と感じさせればいい。具体的には・・・どうすればいいかね?

iPadではスクロールしたがる、という話もある。人の行動なんて、ちょっとしたことでわりと変わる。

> iPadならではの特徴的なユーザ行動について - ユーザビリティ実践メモ

一画面に収まる量、というのは重要だと思うんだけど、それが必ずしもファーストビューに限らないんだと思う。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。