Entries

スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告
更新日:--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[lp - 生活パネル] 丸め時間って何?

カテゴリ:lp - 生活パネル
更新日:2009-04-09

lp アイコン lp - 生活パネル Ver.1.0

カレンダーや時計など、さまざまな情報をまとめた画像を生成するツールです。

写真以外の情報をデジタルフォトフレームに表示したり、デスクトップアクセサリとして小型のサブモニタを活用したり、壁紙チェンジャーやスクリーンセイバーなどの既存のツールと併用するなど、アイデア次第でさまざまな応用ができます。



「lp - 生活パネル」の機能の中で、少し説明が必要かと思うのが、標準時計の「丸め時間」かな。今回は、その説明を少々。

時計パネルは、最初のころから構想にあったけれど、ひとつ問題があった。それは、画像生成時の時刻をそのまま表示すると、フォトフレームで実際に画像が表示されるときには、過去の時刻になってしまうということだった。

だから、デジタル表示は、最初からあきらめていた。デジタル表示だと、表示している時刻にあいまいさがない。それが、過去の時刻と分かっていると、不安になるような気がしたからだ。実装的には簡単でいいんだけどね。

では、逆にあいまいさをはっきりと表現するようにすればどうだろう?そう考えて、標準時計では、「長針を表示する」というフラグを付けた。長針を表示せず短針だけならば、分単位の時刻ははっきりとは分からず、多少過去の時刻であっても、それほど問題にならないと考えたのだ。

実は、以前から長針のない時計が欲しかったというのもある。時間に世知辛いのが現代社会。
のんびりしたくても、時計を見ると、妙にせわしない。秒単位、分単位で時間がわからなければ、もっと大雑把に生きられるんでないか?せめて、休日くらいは・・・

作っていくうちに、あるアイデアがひらめいた。「逆に進めてしまったらどうだろう?」時計を進めている人はいるから、遅れているよりは良さそうだ。そうして、時間を進めて表示するための方法を考えて、行きついたのが「丸め時間」だった。

丸め時間のアルゴリズムは、次のようになっている。たとえば、丸め時間を「20分」と設定する。時間は丸められて表示されるから、その結果、0分、20分、40分の3通りしか時刻を表さなくなる。

これだけだと、ちょうど20分に画像を生成すると、丸められた時刻が20分になってしまって、過去の時刻になってしまう。それに、19分の時も20分という表示になってしまい、画像生成時には未来の時刻でも、次の画像生成時には過去の時刻になってしまうから、これも都合が悪い。

そこで、丸める前に、設定した丸め時間の半分を加えている。ここでは、丸め時間を「20分」と設定しているから、「10分」を加えてから丸めていることになる。たとえば、画像生成時の時刻が17分だった時、10分加えて27分、丸めて40分という表示になる。つまり、画像生成時の時刻が11~30分の時に、表示時刻が40分になる。

この間に画像生成をしないと過去の時刻が表示されることになってしまうから、画像生成の時間間隔は、丸め時間の半分以下になっている必要がある。(逆にいえば、画像生成時間の倍の時間に丸め時間を設定する。)

実装してみると、これが思いのほか面白い。時間が進んでいるのは知っているけれど、実際にどの程度進んでいるのかは良く分からないという、安心感と不安感がごちゃまぜになったような不思議な感覚がある。

普段から時計を進めている人がいる。時間に遅れないように、早目に行動するようにしたいからなのかな?でも、そういう人を観察すると、自分で何分進めたか知っているから、逆算して時刻を見ちゃう癖がついているみたい。進めている意味があまりないんじゃないかと思っていたけれど、丸めた時刻なら、そういう人にもいいんじゃないかな、と思う。

さて、丸め時間の設定は、標準時計以外にも月間カレンダーと日めくりにもできるようにしてある。これは、標準時計とカレンダーを同じボードに張り付けた場合に、ひとつの問題が発生するためだった。それは、真夜中の少し前、23時50分ごろになると現れた。標準時計は、丸められて0時20分を指していた。でも、日めくりは、「今日」を表示していた。一瞬、一日ずれているんじゃないかと思った。

原因はすぐにわかった。カレンダーも時間を丸めて表示しないといけなかったのだ。

あぁ、うん。夜中に起きてない健康的な人は、設定しなくてもそんなに支障はないんじゃないかな。でも、パネルごとに丸め時間を設定するのは、ちょっと面倒だから、今、改良版をつくっています。

※Ver.2.0からボードで統一して丸め時間を設定できるようにしました。→「lp - 生活パネル Ver.2.0 の公開


タカタレムノス 小泉誠デザイン
kehai/ホワイト
7,140円(税込、送料込)


文字盤がぼんやりと見える。こういうのもいいね。




スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

いむら@fintopo いむら@fintopo

フリーのシステムエンジニア兼プログラマです。趣味はガーデニングとカメラ。2017年4月にα7IIを買いました。フルサイズ一眼初心者です。

このページのQRコード

季節暦

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。